あなたが見えない存在と言う世界を信じる人ならば龍は今でも存在するものです。

むかしむかし、この地球に人間と言うものが見当たらない遠い昔のお話です。

宇宙のかなたの地球に似た星の一つが星の生命を終え、跡形もなく爆発しました。

この爆風に耐え、吹き飛ばされたエネルギーの塊がこの太陽系までやってきたのです。

このエネルギーはどうにかこの地球と言う星にたどり着きました。

水があるこの星をこのエネルギーは大変気に入りました。

手ごろな洞窟を見つけると、旅の疲れから深い眠りにつきました。

エネルギー体の中には小さな子供が入っていました。

エネルギー体と子供は少しずつ地球の環境になれながら覚醒の時を迎えていったのです。

この子が目を覚ました時、このエネルギー体は大きな肉体を持って目覚めました。

彼の出す波動は昔のエネルギーのままでしたから、

すぐにその子は自分を守っていてくれた大事な友達であることを悟りました。

彼らが目覚めたころの地球は火山が活発化しあちこちが火を噴いておりました。

地球の環境に慣れ、肉体を得た彼は昔のまま空も飛べましたし、海にも潜れました。

その子とエネルギー体は、二人とも単体で家族を生み出すことが出来る能力が備わっていました。

二人は寂しかったので、少しずつ仲間を増やしていきました。



いつも二人はこの地球を空の高い所からながめ、星の成長を見守りました。

ある時、大きな火山が爆発し真っ赤に燃えたマグマが吹き出し、

それは物凄いエネルギーをもって近辺の山々を火の海に変えながら燃えさかっておりました。

あまりの美しさにその子は「あそこに降りてみよう」と提案しました。

二人は楽しそうにその炎の中に突っ込んで行きました。

二人には誤算がありました。マグマに含まれる毒が生身の体にどれほどのダメージを

与えるかという事、生身の身体は燃えてしまうということを。

近くによって初めてその事に気が付いたのですがもうすでに遅かったのです。

背中に乗るその子を一瞬でなるべく遠くへ放り出すだけが精一杯でした。

燃えていく姿は大きく悲しげで最後の叫び声に大切な友達を死なせてしまったことに気が付きました。

その場を動けず、泣きはらすその子を懐かしいエネルギーが包み込みました。

姿は見えなくてもそれが彼だということはすぐにわかりました。

でも、もう会話をすることもできません。

その子はそれから全てを一人で決めて生きていかなければならなくなりました。

しかしその子が亡くなるまでそのエネルギーは、いつまでも供に在ったそうです。

 

人々は人の始祖を救った神としてそのエネルギー体の一族を龍と呼び、恐れ敬ってきました。

もちろん彼の一族が滅び去り、その全てがエネルギー体となっても、

今でも自然の一部となって私達を守り続けてくれているのかもしれません。

龍は人の魂を食べるなど悪しき存在として捉えられることが多いのですが、

それは自然をないがしろにし、地球を破壊し続ける人間たちを見捨てたからです。

人間はとても自分勝手な生き物ですね。

自分に都合が悪い相手はすべて悪者に変えてしまうのですから・・・。

また龍と人は仲良くなれるのでしょうか?それは皆さんのお心次第です。

 

etc. 見える皆さん調子に乗って龍に手を出すと食べられちゃいますよ。気をつけて。